イスの高さ

体験レッスンのとき、必ずチェックしていることのひとつがイスの高さです。

低すぎることが多いです。 お父さまやお母さまが弾いて、その時の高さのままお子さんが座っていることもありました。 イスの高さが合っていないと姿勢も悪くなりますし、 うまく鍵盤に重さを載せられなくて、余計な力が入ってしまうこともあります。 初心者むけのテキストには必ず正しい姿勢や正しい手の形について書いてありますので 参考になさってくださいね。 写真左のようなイスはレバーをつかんてガチャッと動かすタイプ。 ちょっと古くなると右と左の高さが違ってしまって斜めになったり、きちんと止まらなくなったりと 使いにくいこともありましたが、 「上から〇番目」と覚えておけばイスが変わっても常にほぼ同じ高さに設定できて便利でした。 最近は写真右のような背もたれの無いタイプが多いですね。 高さの微調整ができるのは良いですが、高さを変えるのにちょっと時間がかかったり、 感覚でしか高さを把握できなかったりと不便なこともあります。 イスに座って鍵盤に手を置いた時、 肘が鍵盤の高さより低くならないように気をつけてくださいね。

リンク集

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now