Weggefährte

「Weggefährte」 ヴェークゲフェァテ ドイツ語で、Weg は「道」 「gefährte」は「fahren」(乗り物に乗って進む)が変化したもの、と思われます。

昨日はピアノを調律していただきました。 地方に住んでいたときも東京に置きっぱなしだったピアノ。 あまり弾いてあげていないのですが 調律師さんに「良い楽器です。良い音が出ていますね」とホメていただくと なんだかとっても嬉しい。 私が高校生の時に買ってもらったピアノです。 免税で買ったので、「免」というシールが貼られていて 下にもぐって見ると「免」というハンコも押してあります。 (これを言うと、年齢がばれてしまうらしいですが・・・) 下宿していたときや留学中には実家に置いていたので ずっと一緒にいられたというわけではないのですが でも、つかず離れず、ずっと「私のピアノ」です。 「Weggefährte」は、ともに歩んだもの、という意味です。 一時的に、あるいはずっと、一緒に歩んだ友達や仲間、 妻や夫を指して使われることもあります。 このピアノは、私のWeggefährteですね。 大切に、おつき合いしていきます。

リンク集

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now