ピアノを習うことのメリット

February 16, 2017

ピアノを習っていると、色々な教材を使い、
色々な作曲家の作品にも出会います。

ブルクミュラー、モーツァルト、バッハ、ベートーヴェン、
ショパン、 チャイコフスキー、ドビュッシー、ラフマニノフ・・・ etc.etc.
そして現代の作曲家、日本の作曲家の作品にももちろん出会うでしょう。

国も時代も様々です。
どんな人だったのかな?
どんなところに住んでいたのかな?

そして、例えばワルツを弾いたら、
ワルツってどんなダンスなのかな?

例えば「くるみ割り人形」のメロディーを弾いたら
これは物語があるんだって。どんなお話かな。
バレエにもなってるって。どんなバレエなのかな?

シューマンの「パピヨン」のように
小説からインスピレーションを得たという作品を聴いたら
どんな小説か読んでみたくなるかもしれません。

ショパンの「革命」エチュードを聴いたら、
ポーランドという国の哀しい歴史にもつながっていくでしょう。

ピアノは様々な文化の様々な芸術とつながっています。
もちろん、ピアノに限ったことではありませんね。
皆さまに素敵な出会いがありますように♪
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

リンク集

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now