ルイ15世のガヴォット

先日、生徒さんのお母さまに

拍子記号や音部記号の説明をしていて、

楽譜って膨大な量の情報を表しているんだなぁと

つくづく感じました。

生徒さんが混乱しないように上手に説明していくには

どう工夫したら良いのかしら、などと考えていたとき

ふと思い出したのが、写真の「舞踏譜」。

バロックダンス教室で習ったものです。

ルイ15世のダンス教師が書き残したそうです。

ダンス初心者な私は、先生にひとつひとつ

説明をしていただかないと読めません。

ここからダンスのステップを読み取り

踊り手全員がどう動くかイメージできるなんて

すごいです(@_@)

舞踏譜というもの、初めて知りました。