暗譜を確実にするために

January 30, 2017

試験やオーディション、発表会、レッスンでも

誰かの前で演奏するのは緊張しますよネ。

特に暗譜は大きなプレッシャーです。

その暗譜を確実にするためにできることはないのでしょうか。

 

私はよく生徒さんに

左手だけで練習してもらいます。

メロディーは自然と頭に入ります。

暗譜で落ちる音は伴奏や内声に多いものです。

メロディーを一緒に弾かなくても伴奏をたどれるように

確認しておくことは助けになります。

 

そして、ひとつひとつの音(和音)に何か印象を持つこと。

感情を伴った物事は記憶されやすいと言います。

「この音は明るい感じ」とか「落ち着く感じ」とか

「この音はちょっとワクワクする」とか

「この音は好き」「嫌い」だけでも何か感じ取ってみましょう。

更に「キラッと響かせたい」とか「やわらかくやさしく」など

「こんな風に弾きたい」と思って弾くことができれば

より確実に記憶できるでしょう。

 

言うは易しですが・・・(^_^;)

頑張りましょうね!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

リンク集

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now