絶対音感

August 28, 2016

わたしが勉強したドイツでは、(少なくとも当時は)子供に習い事をさせるときに「本人がそれを望んでいるかどうか」を重視すると聞きました。

ピアノも同じ。本人がそれをちゃんと考えて決められる年齢になってから始める。

そのせいか、音大のピアノ科にも7歳くらいで始めたという学生は珍しくなく、なかには10歳を過ぎてから始めた、という例もありました。

なので、ドイツの音大で絶対音感があるというと、驚かれたりしたようです。(私が入学したころには既に「日本人は絶対音感がある」と知られていたので、私は驚かれたことはありません・・・)

日本ではどうも「絶対音感=天才」みたいに誤解されていることが多いようなのですが、そういうものではないと思います。個人的には「あれば便利なこともあるけれど、なくてもどうということはない」と思っています。

むしろ、無いほうが良いこともあるかもしれません。音が全てわかると、和声をちゃんとわからなくてもごまかせてしまうことがあるように思います。

私がそうでした。

ですから、お子さんにピアノを習わせようかというときに「早くしないと絶対音感が身につかないから」と焦ったりする必要はないと思いますヨ。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

リンク集

  • Facebook Clean Grey
  • Twitter Clean Grey
  • LinkedIn Clean Grey
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now