上手な音の出し方(7月19日)

※過去に他のページに載せていた記事です。

ピアノの音はどのようにして鳴るのでしょう? 見たことはありますか?

ピアノには弦があり、ダンパー(写真の右上に見えている部品)が 弦をおさえています。 鍵盤を押すと、ハンマーが動き(写真の白いフェルト) 弦を打つと同時にダンパーが弦から離れます。 (ダンパーがひとつ浮いているのが見えるでしょうか。) 弦が震動し、その響きが響板という木の板に伝わり 楽器が鳴るのです。 鍵盤から指を離し、鍵盤が元に戻ると ダンパーも戻ってまた弦をおさえます。 上手に音を出すにはどうしたら良いのでしょう? ハンマーにうまくはずみをつけてあげることが大切です。 力は必要ありません。 よーく耳を澄ませて音をきいてみましょう